2006年1月27日 (金)

ちょっと反省

今日はプールバイトの久々の早番で、本格的な暇疲れだよー。

けど、今日はちょっとどきっとしたことがあったの。

わたしが上がる10分ぐらい前の、すっごい気の抜けてるときに

いきなり、背泳ぎのおばーちゃんが

溺れた!!!!

背泳ぎしてたら足がつって、そのまま背泳ぎの姿勢(上向き)のまま

手探りでそばのコースロープにつかまったんだけど、

コースロープって、ロープについてるプラスチック(波を吸収する役割?)のあれが

くるくる回るからそのせいで・・・・あれよあれよというかんじ!!

(↑うまく表現できないけど、コースに対して普通は平行に泳ぐけど、コースロープにつかまったせいで垂直になってた!!!)

けど最初は、「溺れてる」ってわかんなかったのよ。

(背泳ぎのオバチャンに多いんだけど、コースロープに触れながら、曲がってないかどうか確認するのはいいけど、コースロープをぐいっとひっぱるようにして泳ぐのは、上の理由で危ないからやってほしくないこと。その溺れたおばーちゃんもさっきからずっとそういう泳ぎ方をしてて、壁に着いたら注意しよっかなーって考えてたとこだったの。だから、垂直になったときも、ほれみろ!ってかんじで思ってたのねー。ダメダメ監視員だわ;)

それでも溺れたのは壁に近いところだったし、そのままなんとか自力で壁に着いたからよかった。

溺れた人がいたり、助けが必要なぐらい大きなけがをした人がいたら

ぴーっと笛を吹くことになってるんだけど、

「溺れてる」って気付いたときその人は自力でどうにかできそうだったけど、

どうなるかわからなくていつ吹くか、すごく考えた。

吹かないうちに壁に着いて、正直ほっとした。

ただでさえ暇なバイトだし、もういいだけ『慣れ』があるから、

それを少しでも改善していかなくちゃなーって思ったよ。

バイトのわたしもそうだけど、お客さんにも、いまいちど、規則を見直してもらいたいものだなぁ。

慣れると小さいこととかどうでもよくなっちゃうし、

会員だってだけで鼻高々だから。

けどね・・・・シツレイかもだけど・・・・・;

本当に溺れてるんじゃないかって思うような人もいるんだよ

(=本当に溺れてるようにしか見えないのに、本人は泳げてるっていう感覚の人)。

顔つけて息を止めて、そのままぷかーっと浮いてる人とかほんとびっくりするのさ!

まぎらわしいったらないわ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)